TOP > COLUMN > 日頃のケアで変わる!脇のにおいを抑える5つの方法

日頃のケアで変わる!脇のにおいを抑える5つの方法

気温が上がるにつれて気になる「汗の臭い」。そのなかでも特に脇の臭いが気になるという人は多いのではないでしょうか。

今回は、脇の臭いの原因と対策方法をご紹介します。

脇がくさくなるのは「アポクリン線」が原因

体温調節などの役割も果たし、人間にとって重要な存在でもある「汗」。この汗を分泌するのが、皮膚にある「汗腺(かんせん)」です。

汗腺には、「エクリン線」と「アポクリン線」の2種類がありますが、汗の臭いで悩む人の多くは、アポクリン線から出る汗が原因です。

アポクリン線は、体の特定の部位に分布されている汗腺。脇をはじめ、へそまわりや乳輪、デリケートゾーン、外耳道などにあります。

緊張したり、ストレスがかかった時など精神作用から出る汗は、アポクリン線から分泌されたものが多くなります。

しかし、実はアポクリン線から出る汗も、それ自体は無臭。アポクリン線から出る汗に多く含まれている、たんぱく質や脂質など臭いの元となる成分が、身体にもともとある常在菌と化学反応を起こすことで、独特な臭いを発生させているのです。

日ごろから行いたい脇の臭い対策5つ

軽度~中程度の臭いであれば、日ごろからの予防・対策で十分に脇の臭いを抑えることができます。

わき毛の処理はとても重要

適切なわき毛の処理は、臭い対策にはとても重要です。ただし、間違ったわき毛の処理方法だと逆効果になることも。

毛抜きで抜いたり、脱毛クリームなどを使用すると、肌への負担が大きく、アポクリン線を刺激することにつながりかねません。自己処理ならカミソリで剃るのが良いでしょう。

また、菌の繁殖を抑え脇の黒ずみ対策にもなる「脇の角質ケア」を定期的に行うのもおすすめです。

GlamBeautique+ おすすめ商品

シェービングソープ ソリィ
商品名
ペリカン石鹸 シェービングソープ ソリィ
価格
400円(税抜)

ボディから顔まで対応した全身シェービングソープ。
ワセリン・ドクダミエキス・ダイズ種子エキス・アロエベラ液汁を配合し、剃りごごちもよくシェービング後も潤った肌に。

薬用ホワイトピーリングジェル(ワキ用)
商品名
ファイナルデオプラス 薬用ホワイトピーリングジェル(ワキ用)
価格
50g/880円(税抜)

肌荒れ・ニキビを防ぐグリチルリチン酸2Kやメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐプラセンタエキスやといった有効成分を配合で、お肌をいたわりながら黒ずみケアができる薬用ピーリングジェル。
フルーツ酸系の吸着ポリマーが古い角質や汚れをポロポロと包み込みながらやさしく取り除きます。
無効物油・アルコールフリー・シリコンフリー・パラベンフリー

生活習慣、食事を見直す

バランスの良い食事や適度な運動、十分な睡眠など、正しい生活習慣は、臭い対策にも効果があります。

食事によって脇の臭いをなくせるということはありませんが、体臭を抑えることが期待できる食べ物はあります。

刺激の強い香辛料などはなるべく避けるようにし、お肉の代わりにお魚、バターやチーズなど動物性脂肪分のかわりにごま油やオリーブオイルなどの植物性脂肪などを採るといいでしょう。

また、海藻やキノコ類、お酢などのアルカリ性食品もおすすめです。

日ごろから脇の清潔を保つ

前述の通り、汗は体の常在菌と反応することで臭いを発します。このことから、脇を常に清潔に保つことが、なによりの臭い対策といえます。

ウェットティッシュなどで脇汗をこまめに拭くなどして、菌の繁殖を抑え、清潔をたもちましょう。ただし、肌への負担にならないよう、こすらず押さえるようにして使用しましょう。

GlamBeautique+ おすすめ商品

ハーバルボディシートクール
商品名
カリス成城 ハーバルボディシートクール
価格
15枚/500円(税抜)

ハーブ専門店「カリス成城」オリジナルボディシート。
オーガニックエッセンシャルオイルを使用し、気になるニオイに対応したカキタンニンなど10種の植物エキス配合。
レモンマートルとペパーミントが爽やかに香り、すっきりが持続します。

お風呂では石鹸で優しく丁寧に洗う

臭いが気になる人は、保湿力のある専用の石鹸などをしっかり泡立て、優しく丁寧に洗うように心がけましょう。

キレイにするためにゴシゴシ洗ってしまう人がいるようですが、これは逆効果です。肌を傷つけてしまうだけでなく、汗の分泌量が増え、アポクリン線を刺激して余計に臭いが出やすくなる場合もあります。

デオドラント剤は成分にも気を付けて

「脇の臭い対策」と聞いて、真っ先に思いつくのが「デオドラント剤」ではないでしょうか。

消臭効果、制汗効果、殺菌効果のあるデオドラント剤は手軽に使えるものも多く、さまざまな種類があります。
しかし、デオドラント剤は、含有成分などにも気を付けて慎重に選ぶことが重要です。

例えば、皮膚が敏感な人は、デオドラント剤に入っている成分が皮膚を刺激し、かゆみやかぶれを引き起こすことがあります。

また、私たちは皮膚から体内に物質を取り込む「経皮吸収(けいひきゅうしゅう)」を行っていますが、脇の下は体の中でも吸収率の高い部位です。
皮膚から吸収された化学物質は10%程度しか排泄されず、残りは子宮や卵巣に蓄積されてしまいます。

体に入るものだからと食事に気を使う方は多いと思いますが、それと同じぐらい、皮膚に塗るもの、身体に使用するものにも気を使うようにしなければいけませんね。

GlamBeautique+ おすすめ商品

 デオロールオン
商品名
PHYT'S デオロールオン
価格
50ml/2,000円(税抜)

オーガニック認証「COSMEBIO」取得のフランスのオーガニックコスメ「PHYT'S」
乳がんのリスクが注目されているアルミニウム塩・体質によってはかゆみの発生が懸念されるアルム石不使用、アロエエキス配合ロールオンスキンローション。

100%天然由来成分使用でワキの汗・ニオイを長時間防ぎ、さらっとした気持ちよい肌を保ちます。

まとめ

脇の臭いは、清潔を保つこと、そして正しいケアによってある程度は抑えることができるので、自分に合ったケア方法、ケア商品を選ぶようにしましょう。