TOP > COLUMN > 敏感肌の日焼け止めの選び方は?肌に優しいおすすめの日焼け止め5選

敏感肌の日焼け止めの選び方は?肌に優しいおすすめの日焼け止め5選

日差しがあたたかくなってきて、やはり気になるのが紫外線ですよね。紫外線対策の定番といえば「日焼け止め」ですが、日焼け止めが肌に合わずつらい思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、敏感肌の人が日焼け止めを選ぶときの注意点や、美肌のプロが選ぶ2018年おすすめの日焼け止めをご紹介します。

敏感肌の人が日焼け止めを選ぶときのポイント

外部刺激に弱い敏感肌の人は、気温や湿度、紫外線、化粧品や肌ケア商品など本当にちょっとしたことでも肌あれやかゆみを起こしてしまうことがあります。なので、肌に使うものはノーマル肌の人よりも慎重に選ばざるをえません。

敏感肌の人が日焼け止めを選ぶときには、次のポイントを押さえるといいでしょう。

  • 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル / ケミカルフリー)
  • 肌にやさしい低刺激
  • 美容成分や保湿成分が多く含まれている
  • SPF30以下、PA+++以下程度
  • 石鹸などで簡単にオフできる

GlamBeautique+がおすすめする敏感肌にぴったりの日焼け止め

敏感肌だけどSPFやPAの高い日焼け止めを探しているという方へ

商品名
カプレーブ UV-AB プロテクター リフト4+ SPF50+ PA++++
価格
30g/4,000円(税抜)

金属アレルギーや活性酸素の発生が懸念される酸化チタン・酸化亜鉛不使用

独自の油剤で紫外線吸収剤を包んでいるため、吸収剤の含有量を増やしながらも肌への優しさを保ったUV-A.UV-B対応の顔用日焼け止めクリーム

肌に潤いを与える真珠エキス(加水分解コンキオリン)・ヒアルロン酸、ハリ・弾力を与えるボトックス様作用成分のアセチルヘキサペプチド-8・コラーゲン生成成分プラス

太陽よりPCと向き合っている時間が長い現代女性へ

商品名
アムリターラ オールライトサンスクリーンパウダー SPF38 PA+++
価格
10g/4,300円(税抜)

UV-Aより波長の長く老化の原因として注目されるブルーライトや近赤外線の一部まで遮断できる天然美容ミネラル「セリウム」使用

紫外線吸収剤・酸化チタン・酸化亜鉛・タルク・100nm以下のナノ粒子すべて不使用の日焼け止めプレストパウダー

お肌を美しく見せる天然鉱石マイカ(雲母)、お肌の乾燥を防ぐホホバオイルと無農薬ココナッツオイルに無農薬アロエベラを浸け込んだアロエバターを配合

石鹸ややさしいクレンジングでのオフOK

肌への水分補給と紫外線対策を同時に実現

商品名
オーブス エスケアウォーター
価格
250ml/3,000円(税抜)

長野県白馬村で研究開発された水の密度がきめ細かい「肌水密度®の水」を採用し、肌表面に水の潤い皮膜を形成することにこだわった日焼け対策化粧水

アルコール・パラベン・保存料オールフリーで赤ちゃんから使用可
メイクの上からも使用でき、パッティング不要で肌表面に潤いチャージ

「日傘サプリ」美容効果と紫外線防止効果のあるサプリメント

商品名
メディキューブ BE-MAX THE SUN フォー プロ
価格
30粒/4,200円(税抜)
10粒/1,500円(税抜)

塗るだけでは抑えられなかった、内側から紫外線ダメージを抑える「日傘サプリ」。透明感のある華やかさを目指す女性に続けてほしいサプリメント。

主成分の天然成分「シトラス果実」及び「ローズマリー葉エキス末」に、「オリーブ葉抽出物」「ザクロ抽出物」「ビタミンD」など7種の成分を配合。

美容皮膚科医推奨の飲むSPFサプリ

商品名
ジェイピーエスラボ サプライフ たいよう小町 ホワイトタブレット
価格
60粒/2,480円(税抜)
28粒/1,400円(税抜)

内側から飲んで目指す紫外線対策。地中海の太陽をたっぷり浴びて育った紫外線保護成分「レッドオレンジコンプレックス」を推奨量配合。

ビタミンC、L-シスチンなどターンオーバーに働く嬉しい美容成分もたっぷり配合。天然のサングラスと言われるルテインが目から入る紫外線をガード。

わたしって敏感肌かな?という人はまず自分の肌の状態をチェック!

ホルモンバランスや生活習慣のみだれなど、ちょっとしたでも肌の質は変わります。

今まで大丈夫だったのに急に肌が荒れてきた、や、日焼け止めでかぶれた経験があるなど、「もしかして敏感肌かも?」という方は、ぜひ一度肌解析をしてみてはいかがでしょうか。

グラムビューティークプラスの肌解析

肌解析では、自分の肌のタイプや、何が原因で肌荒れを起こすのかなど、自分の肌の詳しい情報が分かり、化粧品やケア用品を選ぶときの基準をつくることができます。

さらに、定期的に行うと肌の状況が正確にわかるので、自分にぴったりのスキンケア方法が見つかりますよ。